聖徒たちを整えて、奉仕の働きをさせキリストのからだを建て上げるために  エペソ4:12
定価 1575円 (税込)

購入する
この本を推薦します

                小岩栄光キリスト教会
              ゴスペルアワー伝道団主幹 吉山  宏


 ビビア師の著書を読んで感じることは、神の愛と義、クリスチャンの品性と信仰の働きの関係など、すべての点においてバランスの取れた聖書解釈がなされていることです。特に、異言の賜物などで自己満足に陥りやすいカリスマ派信者に対して、御霊の導きによって適切な指導をされており、教えられ、反省させられるところ大であります。

なお著者は、本書の執筆中、終わりの時代に脅かしと恐れに縛られている多くの者たちが解放され、勇敢な戦士となって大勝利を得るために、「この本に聖霊の油を注ぐ」との主からの明確な預言のことばをいただいたと証しています。牧師、伝道師、信徒を問わず、私たちが選ばれ、救われたのは、「行って実を結び」(ヨハネ一五・一六)、それも「多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになる」(同一五・八)ためであると主が言われています。その結実を妨げ、クリスチャンを無力化している根源が打ち砕かれ、日本の教会のリバイバルと福音宣教のみわざが前進するために、本書が貴く用いられることを信じ、すべての牧師伝道師をはじめ、全信徒の必読書として心から推薦いたします。

本文「はじめに」より抜粋

 脅かしによる恐れと戦っているクリスチャンたちは数え切れないほどいますが、そのほとんどが、その原因と格闘するというよりも、それによりもたらされる結果と格闘しています。高価な家具が置かれた美しい家に、もし屋根がなかったらどうなるでしょうか。大雨が降り、家は水浸しになり、中にあるすべてのものはだめになることでしょう。その家の持ち主は、何日もかけて、汚れてだめになった家具やカーテンや床を全部取り除き、一つ一つを新しくします。

 その作業がもうすぐ完成するという頃、また嵐がやって来て、入れ替えられたインテリアがすべてだめになるのです。いらいらしながらも、また一つ一つを入れ替えるという退屈な作業を始めます。しかし、またも雨が降ってすべてを破壊します。こんなことを続けていたなら、その人の力が尽き果て、持ち物がすべて雨によってだめになるのは、時間の問題です。失望落胆して、やがてその人は作業をやめ、それを自分の運命だと信じ受け入れ、そしてついにはそこに落ち着いてしまうのです。

 もちろん、こんな話はばかげていると思われることでしょう。だれでも、「まず屋根を直してから、家の中の作業に取り掛かったらどうだ。あなたはなんて愚かなんだ!」と思うはずです。しかし、実際この話は、脅かしと戦っている多くの人たちの姿を巧みに描いているのです。彼らは、脅かしという力そのものを打ち破るというよりも、それから生じる副産物を何とかしようと懸命に格闘しています。そのため、失望落胆し、混乱し、希望を失い、また絶望的になっています。

 ある人は、カウンセラーのところに相談に行き、恐れを抱きながらも日常生活を送るにはどうすればよいかを学んでいます。またある人たちは、あきらめておくびょうの奴隷となり、自由を願うことを恐れています。そのどちらも、屋根に穴が開き、家具が水浸しの家に住んでいるようなものです。またある人たちは、完全に自分を孤立させ、まったく希望を失って、水浸しの家を捨て去るのです。

 この本は、どうやって恐れとうまく暮らしていくかを教えているのではありません。そうではなく、あらゆる恐れとおくびょうから解放されるための神の道を教えることが、この本の中心的なメッセージです。その時、あなたに与えられた召しが成就するのです。

 この本の執筆のために、私は、コンピューターの前で何時間も過ごしましたが、いつも主の導きを祈り求めながらキーボードを打っていました。ある朝、コンピューターに向かっている時、主の臨在が部屋に臨まれたのを感じました。すぐにコンピューターを離れ、部屋を歩き回りながら祈り始めました。祈っていると、主の霊が臨まれて、預言のことばが与えられました。それを書き留めたものが次のことばです。

               わたしは、終わりの日のために大軍勢を召集している。その大軍勢に召された者たちの多くが脅かしによる恐れに縛られている。彼らは、神に対しても、人に対しても純粋な心を持っている。しかし、新しくされる前のギデオンのように、彼らは人に対する恐れに縛られている(士師記6-8章)。わたしが彼らのうちに託した賜物は、眠ったまま使われていない。今、わたしは、彼らの多くを解放し自由にするために、この本に聖霊の油を注ぐ。すると、彼らは一歩前に踏み出し、恐れずにわたしに従うようになる。彼らはまた勇敢な戦士となり、わたしの力により大勝利をもたらす者たちとなる。


本書の内容は、単なる理論ではありません。何年もの間、私自身が脅かされて、恐れに縛られていました。最も大きな障害は、私が問題の原因を知らないことでした。しかし、ある時、神がこの邪悪な敵を露にされたのです。それ以来、世界中のクリスチャンたちを解放するために、主はこのメッセージを用いておられます。

 ある指導者が、「このメッセージは、アメリカのすべての牧師たちに必要なものだ」と言いました。これは、牧師たちへのメッセージであるだけでなく、すべてのクリスチャンに向けて語られています。今あなたがこの本を手にしておられるのは、決して偶然ではないと思います。あなたがこの本によって解放されたなら、どうかそれを必要とする他の人と分かち合ってください。人と分かち合うことによって、自分の中でさらにそのメッセージが強められるのです。

 今、冒険の旅に出かけようとするあなたへ、次の祈りをともに祈ることをお勧めします。心を開いて、主の臨在の中で次のことばを口にしてみてください。


父なる神さま、イエス・キリストの御名によって祈ります。この本を読み進んでいく時に、聖霊ご自身がみことばを明らかにしてくださいますように。私の人生の中にあるどんな不安をも露にし、また取り除いてください。それにより、まさに脅かしの根そのものが破壊されますように。どうかあなたに近づかせてください。それにより、大胆に私の主イエス・キリストを証しする者となりますように。