聖徒たちを整えて、奉仕の働きをさせキリストのからだを建て上げるために  エペソ4:12



定価 1785円 (税込)

注文する
この本を推薦します
                  
 
ジョンには、霊的大胆さがある。彼が述べ伝えるイエス・キリストの福音は、聞く者に新鮮な驚きを与え、その心に深い霊的洞察をもたらす。

                                  ベニー・ヒン・ミニストリーズ代表 ベニー・ヒン



ジョン・ビビアは、現代に生きる私たちに向けて、神からの預言的メッセージを語る人だ。それは、神のみことばである聖書によって裏づけられたた確かなものである。私は七年間、「荒野」で神を求め、神のみことばを真剣に学んできた。今日の教会においては、“繁栄の教え”と“どんな犠牲を払ってでも幸せにならなければならない”という哲学が盛んであるが、私が「荒野」で神に教えられたことを、だれかほかに受け取った人はいないのかと思っていた頃、たまたまジョン・ビビアの著書『荒野で勝利する』を手にした。この本は、いまの時代に最も重要な本だ。

                        
 ジム・ベーカー・ミニストリーズ代表 ジム・ベーカー


本文「序章」より抜粋


 
本書は、すべてのクリスチャンが、神に近づくためにどうしても通過しなければならない「荒野」についての本です。「荒野」という季節は、しるしや不思議を求める時ではなく、自分のうちに主の品性と強さが(つちか)われるために、神のみこころを求める時です。荒野はまた準備の時でもあり、もし“主からの約束”というビジョンがなければ、深い失望を味わうことでしょう。私の願いは、私たちを真に満たすことのできる唯一のお方を求める旅の途上にあるあなたが、この本によって大いなる励ましを受けることです。

 しかし、本書の中に、必要なすべてが網羅されているわけではありません。「荒野」に関してもっと多くの事を書くことができるでしょう。この本は、私が経験を通して学んだことを語る、私の心のメッセージです。本書は、信仰生活の中における「荒野」というテーマをあなたに紹介するのが目的で、それらがどのようにあなたの人生に当てはまるかは、聖霊ご自身が個人的にあなたに語ってくださると信じています。この本を通して学んだことをどのように自分の人生に応用するべきか。あなたがそれを探求する妨げとならないよう、私個人の証を分かち合う時は、あえて詳細を述べるのを差し控えました。なぜなら、どのような経路で「荒野」に入るかは、人それぞれだからです。

 私が荒野に着いた時、混乱、苛立ち、恐れ、疑い、孤独、失望、怒りを覚えました。自分はここで何をしているのだろう。これは、私の行き着くべきところではないはずだ! しかし私は、「どうか心を砕き、私の動機を純粋にし、すべての隠された罪から私を清め、主の栄光が表されるために妨げとなっているあらゆるものを取り除いてください」と、神に叫び求めました。その祈りに答えるために神がとられた方法は、私が予想すらしないものでした。

 この本は、私の「荒野の旅」を描いています。それは、他の多くの人たちが経験されたものと似通っていると思います。私はすでに到達したのでも、また神が私のために用意されているものすべてを獲得したのでもありません。しかし、あなたがこの本を読む時に、神が備えられたあなた自身の運命に向かって、困難を押して分けて前進して行けるよう、力と励ましを受けられること。それが私の祈りです。

 もし、自分が今、人生という旅路のどこにいるかを理解するなら、それに対する見方がおのずと備わってきます。そうすれば、たとえ主に触れられていると感じられなくても、主の御手を見ることができます。その時、私たちの主に対する愛が成熟して、「自分に益になるために、主は何をしてくださるだろう」という問いかけから、「主は、私から何を望んでおられるのだろうか」という問いかけへと変化していくのです。

    

ジョン・ビビア